A Rakuten Company

More titles to consider

Shopping Cart

itemsitem

Synopsis

金田一耕助という名を誰しもアニメやドラマなどで一度は耳にしたことがあると思います。その主人公が活躍する、いわば原作となる推理小説を書いたのが横溝正史という作家なのですが、その作家の特徴ある世界観に沿ってこの物語を作成しました。
 横溝正史は、坂口安吾という日本文学全集にたいてい名を連ねている昔の有名作家いわく、人類史上、ベスト5にはいる推理作家らしいです。ようはその人物を超える作品を作れば自分もまたベスト5だろうという発想で、あえて横溝の世界観で勝負したわけです。
 もっとも横溝の作品世界が第二次大戦後間もない頃をおもに舞台にしているのに対して、私の作品世界は21世紀を舞台にしております。また現代の特徴を存分に取り入れつつ、トリックの新規性やサスペンスにも留意し作成したので、横溝の単純な模造品とは言えない優れた作品に仕上がっております。
 ちなみに私としては横溝正史の書いた『獄門島』という日本史上過去最高ともいわれる推理小説をある程度念頭にこれを作成しました。正直、私の見積もりだと総合的には若干それに劣る気がしますがいわゆるプロの最高クラスの作品と考えております。ひとつよろしくお願いします。語彙は易しいです。上下で原稿用紙八百枚ほどの超大作でして、ただいまお試し期間ということでバーゲン中です。ちなみにこのストアのは諸事情で現在、初版です。ほかのストアのは二版になってます。初版と二版で、構成が大きく変わっているとかはないのですが、初版に比較すると、二版は自分の感覚だと文章がわりと読みやすくなっているはずです。初版でも特に問題ないといえばないのですが、人によっては差が出てくるような気がします。一応その点につき付記させていただきます。

People who read this also enjoyed

Get a 1 year subscription
for / issue

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • TABLETS
  • IOS
  • ANDROID
  • BLACKBERRY
  • WINDOWS