A Rakuten Company

More titles to consider

Shopping Cart

itemsitem

Synopsis

 世界最高峰ともいえる本格推理小説です。19世紀に活躍した推理小説の始祖ともいえるエドガー・アラン・ポーの作品以来、この作品を明確に超える優れた推理小説は世に存在していないため間違いなくそういえます。一般にいわゆる純文学分野の作品は、人間の感性の相対性ゆえに作品の絶対的評価はできないのですが、いわゆる推理小説分野ではトリックの新規性や、優れた社会性の有無の観点から作品内容につき、いちおうは科学的に優劣をつけることができるのです。それゆえ科学的根拠に基づき過去存在しない優れたトリックというか論理、また高度の社会性を用い作成されたこの作品は世界最高といえるのです。私は過去存在した世界の主な推理小説は全て把握したうえでそう申し上げております。

 で、読んで私の言うことが本当だったら適当に宣伝していただけないでしょうか? もっともいくらこう言ってもこの文章を見る人として本当かと思うでしょうし、試験的にこのような破格の値段にしているわけです。ちなみに語彙レベルが非常に高いです。基本私の小説は司馬遼太郎や松本清張が好きな人向けで、暇つぶしで読める代物ではありません。とにかく私の小説は話を総合すると、テーマや文体などからダメな人と高く評価する人に二極化するようです。ここの星の付き方もそうでした。実際上と下の販売本数も何割かずれがあります。そんな具合に合わない人が買うと、文章読めないし超絶つまらないということで、最初の段階で星ひとつにまずなるのでご関心持っていただいた方はとりあえずサンプル読んでいただけないでしょうか?  とにかく今後もより多くの方が楽しめるよう改善検討しますが、この小説に関しては設計思想の問題から劇的に改善するのは難しいのです。

 声なき声である売れ行きから判断すると、気分の上では星8個ぐらいつける人も含めた高く評価組と、場合によってはマイナスつける低く評価組の割合が、現状7対3ぐらいな気がします。大卒以上で東京の地理にある程度の知識がある人は、この作品をより評価する傾向にあると予測します。私が有名になって作風が知れ渡れば購買のミスマッチもある程度解消されるでしょうが、koboのシステム上、現段階ですと星4以下になっていてもなんら不思議ではないです。

それとシステム上の問題から横書きになっており、それも含めて細かいところ頑張って修正を試みます。デスクトップで見たら読みづらかったのでたぶんそう感じる人多い気がします。上下合わせて原稿用紙600枚程度の長編です。中身は2008年の東京の大学を舞台にした暗号小説です。二版という形で縦書きバージョンも販売中です。検索してみてください。

People who read this also enjoyed

Get a 1 year subscription
for / issue

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • TABLETS
  • IOS
  • ANDROID
  • BLACKBERRY
  • WINDOWS