More titles to consider

Shopping Cart

You're getting the VIP treatment!

With the purchase of Kobo VIP Membership, you're getting 10% off and 2x Kobo Super Points on eligible items.

itemsitem
See your RECOMMENDATIONS

Synopsis

一人の老人が、暖かさを求めて公園のベンチにやって来る。この老人にはもはや年月という概念はない。ただかろうじて、一日という時間がわずかに認識されるだけである。いつも腰を掛けるベンチには、もう二人老人がいる。彼らは特に話をするわけではない。挨拶さえもただ機械的に行われるだけの間柄だ。人生の終わりが近づいた老人たち。もはやすべての事がどうでもいいように思える。が、そんな人生のたそがれの中にも、かすかな光がともるときがある。その一瞬の光を捉えた、散文詩のような短編。1913(大正2)年1月、「帝国文学」に発表され、後に翻訳集「諸国物語」の一遍としてまとめられた。原作者はリルケ。リルケ(1875〜1926)ドイツの詩人、小説家。20世紀のドイツ抒情詩を代表する詩人であり、現代詩に大きな影響を及ぼした。(小林繁雄)[文字遣い種別]新字旧仮名[底本]鴎外選集 第14巻[出版社]岩波書店[初版発行日]1979(昭和54)年12月19日

Ratings and Reviews

Overall rating

No ratings yet
(0)
5 Stars 4 Stars 3 Stars 2 Stars 1 Stars
0 0 0 0 0

Be the first to rate and review this book!

You've already shared your review for this item. Thanks!

We are currently reviewing your submission. Thanks!

(0)

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • IOS
  • ANDROID
  • TABLETS
  • WINDOWS