More titles to consider

Shopping Cart

You're getting the VIP treatment!

With the purchase of Kobo VIP Membership, you're getting 10% off and 2x Kobo Super Points on eligible items.

itemsitem
See your RECOMMENDATIONS

Synopsis

 是非、若い方にも読んで欲しい一冊に仕上げてみた。教科書ではわからない近代史の裏側、影の世界勢力の存在を描いてみた。ところで、東日本大震災で自分の人生を見つめ直したという人も多いのではないだろうか。皆様は日本に友好的な国といったら、どこの国を思い浮かぶだろうか。大震災で巨額の義捐金を寄せていただいた台湾?「トモダチ作戦」のアメリカ?アルゼンチンやトルコはどうだろう?そして国家を持てなかったユダヤ人とは何者で、日本とも大いにかかわりがあることをご存知だろうか。歴史問題で中国や韓国に責められっぱなしの日本とは何だろうか。「自由」と「平等」は相反する理念ということをご存知だろうか。「民主主義」という発想はどこから出てきたのだろうか。日本の国体とはどのような関係になるのだろうか。何よりも日本国憲法の生い立ちをご存知だろうか。本書が少しでもお役に立つことができればと考える。福島第一原発の事故の政府や国の対応を見るにつけ、どこか、大東亜戦争と共通するものを感じた。それは「危機管理」と「国民性」である。大東亜戦争には私の父は海軍として出征したが、父とは多くを語ることはなかった。「父が何歳で海軍に志願したのか、終戦は何歳だったのか」「何故、戦場にいくことになったのか」考えたことがなかった。そして「大震災と大東亜戦争の共通点が何故、生じたのか」を疑問に思った。日本人の近代史には「ユダヤ人」の歴史が深く関係している。我々はどういう時代の中に生を受け、この世で生きてきたのだろう。そして、この日本を守り、子孫に受け継いでいくにはどうしら良いのだろう。今、我々はパラダイムの転換に迫られている。

Ratings and Reviews

Overall rating

No ratings yet
(0)
5 Stars 4 Stars 3 Stars 2 Stars 1 Stars
0 0 0 0 0

Be the first to rate and review this book!

You've already shared your review for this item. Thanks!

We are currently reviewing your submission. Thanks!

(0)

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • TABLETS
  • IOS
  • ANDROID
  • BLACKBERRY
  • WINDOWS