More titles to consider

Shopping Cart

You're getting the VIP treatment!

With the purchase of Kobo VIP Membership, you're getting 10% off and 2x Kobo Super Points on eligible items.

itemsitem
See your RECOMMENDATIONS

Synopsis

ソニーの「経営の原点」とは何か。それは、「挑戦」という言葉である。ソニーは、トランジスタラジオ、ウォークマンなど、人々のライフスタイルを一変させるようなエレクトロニクス製品を次々と市場に送り出してきた。常に新しいものに挑戦する姿勢こそが、ソニーの創業の遺伝子である。 それは、エレクトロニクスの分野だけではなく、資金調達やM&A(企業の合併、買収)など、いわゆるコーポレートファイナンスの分野でもソニーは挑戦し、その先駆者であり続けてきた。 著者の佐野角夫氏(ソニー元常務)は、1961年にソニーに入社し、同社が「世界のソニー」へと急成長していく過程で、主としてソニー創業者の一人である盛田昭夫氏の片腕として、資本市場からの資金調達やM&A、株主対策、IR(投資家向け広報)、CSR(企業の社会的責任)などの業務を手がけてきた実務家である。 佐野氏は、経営トップと共に、株式市場価格に基づく時価発行増資や無担保転換社債発行、日本企業として初のニューヨーク証券取引所への上場や米国での債券の「格付け」の取得、さらにはCBSレコードやコロンビア映画など、米国企業に対する大型買収など、前例のないことに挑んできた。またIRや消費者や環境対応など、CSRへの取り組みなどでも他社の先駆けとなった。 さらに盛田氏と共に日本企業が米国のような原則自由というルールで、海外企業と平等に競争できるよう日本を変えたいとの思いで、企業法制や税制、資本市場の改革に取り組んできた。その結果、企業活動を規制してきた日本の企業法制は、1990年代の終わりに原則自由へと改革が実現した。 本書は、先駆者、盛田昭夫氏の片腕として、新しいことに挑戦し続けた実務家が、自らの貴重な経験をつづったソニーの「もう一つの成長物語」である。プロローグ第一章 ソニーもう一つの挑戦Ⅰ 挑戦の姿勢を忘れるなⅡ 海外への夢を描くⅢ 国内販売網作りで奔走Ⅳ 初の米国、一流に触れる第二章 ウォール街から学ぶⅠ 常識覆した時価発行増資Ⅱ 直接金融を目指してⅢ ニューヨーク上場Ⅳ 上場、ロンドン、パリなど18市場に第三章 IR事始めⅠ 米国で開眼Ⅱ 技術力信じ、投資家行脚Ⅲ 格付け会社に新製品説明第四章 東京から世界へⅠ 海外駆け巡るⅡ サウジ向けの転換社債Ⅲ 欧州ソニー、IRオフィス開設第五章 株主総会民主化の戦いⅠ 体張り特殊株主に対応Ⅱ 13時間半の総会Ⅲ 簡単でなかった決算期変更第六章 海外M&A戦略Ⅰ 大暴落契機にCBSレコード買収Ⅱ コロンビア映画買収Ⅲ のれん代償却に悩むⅣ 株価急落後SEC調査第七章 子会社上場Ⅰ 3社の上場Ⅱ 上場子会社、社長へ第八章 資本市場での挑戦Ⅰ 資本市場の改革Ⅱ 個人投資家説明会Ⅲ ワラント(新株引受権)によるストック・オプション第九章 社会的責任(CSR)を果たすⅠ 消費者対応で先駆Ⅱ 変革迫った一人の消費者Ⅲ ソニーの環境経営と情報開示Ⅳ 環境経営推進第十章 先駆者の歩みを支えてⅠ 盛田昭夫(ファウンダー)の先見性Ⅱ 企業法制に挑んだ30年あとがき

Ratings and Reviews

Overall rating

No ratings yet
(0)
5 Stars 4 Stars 3 Stars 2 Stars 1 Stars
0 0 0 0 0

Be the first to rate and review this book!

You've already shared your review for this item. Thanks!

We are currently reviewing your submission. Thanks!

(0)

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • IOS
  • ANDROID
  • TABLETS
  • WINDOWS