More titles to consider

Shopping Cart

You're getting the VIP treatment!

With the purchase of Kobo VIP Membership, you're getting 10% off and 2x Kobo Super Points on eligible items.

itemsitem
See your RECOMMENDATIONS

Synopsis

近現代の各種発禁作品を集めました。 
発禁の理由は様々で、性、風紀に関するもの、政治に関するものに大別されます。 
今から見れば、なぜこのようなものが・・・と思うものが少なくないと思われますが、それは時代を反映していたということかと思います。 
下記の作品のうち、平出修の「逆徒」は、大逆事件の幸徳秋水の弁護士としてその裁判を描いたもので、掲載された雑誌「太陽」が発禁となりました。黒島伝治の「武装せる市街」は、戦前の山東出兵の済南事件に題材を取ったもので、1930年に出版と同時に発禁となっています。 
また、永井荷風伝とされる「四畳半襖の下張」は、わいせつ物かどうかを巡って最高裁まで争い、作家の丸谷才一らが論陣を張ったことで知られています。最高裁では、わいせつ物と判断されましたが、その後の時代環境の変動は著しく、今では、これが刑事罰の対象となるほどのものとされたことには、大きな違和感が感じられるところです。参考資料として、末尾に地裁、高裁、最高裁の判決文を掲載しておきました。 

【収録作品】 
青白き巣窟(室生犀星) 
青春の逆説(織田作之助) 
ヰタ・セクスアリス(森鴎外) 
四畳半襖の下張(金阜山人、永井荷風・伝) 
媒介者(徳田秋声) 
反古(小山内薫) 
逆徒(平出修) 
武装せる市街(黒島伝治) 
参考資料  四畳半襖の下張事件の裁判所判決 

【ご参考】 
発禁本としては、他にもたとえば、次のようなものがあります。いずれも、響林社文庫に収録していますので、是非お読みください。 
・永井荷風「ふらんす物語」 
・菊池寛「大衆明治史」(GHQによる発禁) 

Ratings and Reviews

Overall rating

No ratings yet
(0)
5 Stars 4 Stars 3 Stars 2 Stars 1 Stars
0 0 0 0 0

Be the first to rate and review this book!

You've already shared your review for this item. Thanks!

We are currently reviewing your submission. Thanks!

(0)

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • IOS
  • ANDROID
  • TABLETS
  • WINDOWS