More titles to consider

Shopping Cart

You're getting the VIP treatment!

With the purchase of Kobo VIP Membership, you're getting 10% off and 2x Kobo Super Points on eligible items.

itemsitem
See your RECOMMENDATIONS

Synopsis

世紀の変わり目に書かれた2つの小説が、21世紀のテロルを予言する。
「インディヴィジュアル・プロジェクション」(1997年)と「ニッポニアニッポン」(2001年)、阿部和重の代表的傑作中編2作を収録。

「インディヴィジュアル・プロジェクション」
東北の田舎町のスパイ養成道場・高踏塾、その解散から半年が経ったころ、元塾生たちの命が次々に危機にさらされる。渋谷の映画館で映写技師をする元塾生の一人・オヌマはその報せを耳にし、高踏塾の塾長・マサキの謎を探り始める。次第に彼はヤクザの抗争に巻きこまれ、世紀末の渋谷は騒乱に覆い尽くされてゆく--
マサキの真の目的とは何だったのか? そして、フィルムの暗号に示されたプルトニウム爆弾の隠し場所とは一体どこなのか?
謎が謎を呼ぶ展開の果てに、衝撃の真実が明らかになる!

「ニッポニアニッポン」
地元を追い出され東京でひとり暮らしする17歳の少年・鴇谷春生(とうやはるお)は、日夜インターネットを渉猟し、トキに関する情報を集めていた。種の保存のために管理されるトキを解放することが自分の使命だと信じるようになった彼は、スタンガンと催涙スプレーを購入し、佐渡島を訪れることを決意するのだった。
中学時代の同級生・本木桜への春生の思いと、地元を追い出される原因となった罪、明かされていく「ニッポニア・ニッポン問題の最終解決」の全貌……
すべての妄執に囚われたまま、運命の時は近づいていく。

Ratings and Reviews

Overall rating

No ratings yet
(0)
5 Stars 4 Stars 3 Stars 2 Stars 1 Stars
0 0 0 0 0

Be the first to rate and review this book!

You've already shared your review for this item. Thanks!

We are currently reviewing your submission. Thanks!

(0)

You can read this item using any of the following Kobo apps and devices:

  • DESKTOP
  • eREADERS
  • IOS
  • ANDROID
  • TABLETS
  • WINDOWS